明治8年に創立された有田焼の名窯 香蘭社のあゆみ、企業情報のご紹介。

会社沿革

1616
(元和2年)
李参平、有田泉山で白磁鉱を発見し、日本で最初に磁器を焼いたと伝えられる。
1689
(元禄2年)
深川家の祖又四郎(初代深川栄左衛門)、有田で陶磁器製造を始める。
1870
(明治3年)
八代深川栄左衛門

工部省電信局の下命により、八代深川栄左衛門、磁器による電信用碍子の製造に成功。

1875
(明治8年)
八代深川栄左衛門らにより、合本組織香蘭社が設立される。
1876
(明治9年)
フィラデルフィア万国博覧会において褒状を受賞

フィラデルフィア万国博覧会において褒状を受賞。

1877
(明治10年)
大久保利通内務卿より「名誉の章」が贈られる。
1878
(明治11年)
香蘭社 パリ万国博覧会において金賞を受賞

パリ万国博覧会において金賞を受賞。

1879
(明治12年)
八代深川栄左衛門、香蘭合名会社設立。
1888
(明治21年)
バルセロナ万国博覧会において金牌を受賞

バルセロナ万国博覧会において金牌を受賞。

1896
(明治29年)
宮内省大膳寮より、御用品製造を拝命。
陶磁器品評会が桂雲寺で開催され、これが現在の有田陶器市の嚆矢となる。
1900
(明治33年)
パリ万国博覧会において金賞を受賞。
1909
(明治42年)
アラスカ・ユーコン太平洋博覧会においてグランドプライズを受賞

アラスカ・ユーコン太平洋博覧会においてグランドプライズを受賞。

1910
(明治43年)
日英博覧会においてグランドプライズを受賞

日英博覧会においてグランドプライズを受賞。

1915
(大正4年)
パナマ太平洋万国博覧会においてグランドプライズを受賞

パナマ太平洋万国博覧会においてグランドプライズを受賞。

1930
(昭和5年)
リエージュ万国博覧会においてグランプリ受賞

リエージュ万国博覧会においてグランプリ受賞。

1961
(昭和36年)
昭和天皇・皇后両陛下行幸啓の栄を賜る。
1962年にかけて、碍子工場の大幅な設備近代化を実施するとともに本格的な碍子輸出を再開する。
1969
(昭和44年)
皇太子殿下行啓の栄を賜る。
1979
(昭和54年)
7月、香蘭社創立100周年を迎える。
1985
(昭和60年)
ファインセラミック素材BN(窒化ホウ素)の常圧焼結に成功。
2019
(令和元年)
香蘭社創立140周年

7月、香蘭社創立140周年を迎える。

会員登録について

当ショップで会員登録をされたお客様は、香蘭社オンラインショップ(公式ショップ)香蘭社オンラインショップ(公式ショップ)はこちらも会員としてご利用いただけます。
当ショップで貯まったポイントは、公式ショップでお使い頂く事が可能です。
また公式ショップで貯まっているポイントを、当ショップで使用していただく事も可能です。

公式ショップで会員登録済みのお客様は、以下よりログイン後、お買い物にお進みください。

会員登録がお済みでない方は、たくさんの特典をご用意しておりますので、この機会に是非ご登録ください。

ログインはこちら » 会員登録はこちら »